明日、別れさせ屋に相談しようと思う。

別れさせ屋だからこそ、別れさせ屋にしかできない情報発信をするサイト

明日、別れさせ屋に依頼しようと思う。

明日、別れさせ屋に相談しようと思う。は他では書かない「別れさせ屋」の情報を提供するサイトです。
いま現在も、別れさせ屋に関するサイトはいくつも作られていますが、その内容は別れさせ屋が発信「したい」情報であることがほとんどです。
しかしながら、別れさせ屋に依頼を考えているひとが欲しいのは、別れさせ屋が発信する「別れさせ屋に都合の良い情報」ではないのではないか、と私達は考えました。
そもそもあまりイメージのよくない別れさせ屋業界ですが、私達は別れさせ屋業界をよくしようとまで言うつもりはありません。
ただ、本当に真面目にやっている別れさせ屋もいるんだということを少しでも理解してもらえれば、と思いこのサイトを立ち上げました。

別れさせ屋の成功を左右するものとは一体…!?

      2018/05/07

1461563273738280

昼と夜で着る服を変えます、東京・飯田橋で別れさせ屋をしている別れさせ屋アクアです。
 
さて、今日は一つよくある話を。
別れさせにまつわる会話では当然、「成功した」「失敗した」という結果の話が出てきます。現役スタッフはどんなテクニックを使っているの?と聞かれることも多いようですが、今日はそんな「別れさせ成功の分かれ道」というテーマで水沢工作員に語っていただこうと思います。
 

圧倒的な違いはここにあり!

 
アクアに駆け込んでくる相談者さんには、一度他社で依頼した経験をお持ちの方もいます。
「別れさせを依頼したのに接触できなかったんです」と。
どんなシナリオだったのか詳しく聞くと、仕事終わりに会社から出てくるところで道を尋ねるとか大体安易な方法だったりするわけです。
 
そういう場合って報告書がないケースが多くて、どこまでターゲットについて調べてるのかわからない。そこなんですよ、絶対的に差が出るところって。
 

いわゆる “情報量” 。

 
情報収集をいかに行うかで雲泥の差が出ます。明らかに出ます。
 
初めて別れさせ屋を利用する方だと、ターゲットと接触しないと話が始まらない!と焦る気持ちが先行し、依頼後間もなく「接触はまだ?」なんて思われることもあるのですが、アクアではご依頼〜工作までに概ね1ヶ月くらいお時間をいただいています。
その間、我々はひたすらに調査を重ねます。
 
ターゲットのタイムスケジュール、ライフスタイルの把握。
行動範囲、そしてどの様な考え方を持っている人なのか人間性の調査です。
別れさせって、行き当たりばったりの力技ではないのです。
 

「どこで何していたか」だけじゃ掴めないデータ!

 
シナリオを作るにあたって大事なのはリアリティ。
世の中に1人しかいない “その人” に合わせた脚本を創るわけですから、パターンもありません。
 
ターゲットが自然と興味をそそられてくれるような構図をつくるには、その人の性格を知っておくことが大前提ですよね。それって、「この人ここのスーパーで買い物してました」だけでわかると思いますか?
近所にいくつかあるスーパーの中からなぜその場所を選ぶのか、
店内では何を手にとって何をカゴに入れたのか、
目の前に困ってる人がいたらどう対応するか、店員さんにはどうか。
など、挙げ始めたらキリがないのですが、性格ってこんなところから少しずつ見えてくるんです。
 
例えば面白いポイントで言えば、買い物中に気が変わった時。
一回買おうと思ってカゴに入れたものを、やっぱりやめて棚に戻す時、どこに置くんだろうって。ちゃんと元の位置に戻す人もいれば、知らんぷりしてその辺の適当な棚に置いてしまう人もいるだろうし、レジまで持っていって返しますって言う人もいる。
こういう瞬間って、人間性が現れますよね。
 
ここまで情報をキャッチして、それを分析し、やっとターゲットのアンテナに引っかかる最適なシナリオが導き出されるわけです。
そうともなれば、こちらから強引な接触を試みる必要はありません!接触するにも不自然な出会いではなく、あたかも自然な出会いを創り出せるのです。

「ターゲットの内面から知る!」
別れさせ成功の鍵はここにありました。

 - 別れさせ屋が教える別れさせ屋の本音