「不倫相手を別れさせたい!」ご依頼者さんに多いタイプとは?

別れさせ屋の老舗、アクアグローバルサポートです。

「彼を奥さんと別れさせたい!」

アクアでは不倫でお悩み中の女性から、このようなご依頼を多数いただいています。

そこで今回は、「不倫相手を別れさせたい」というご依頼者さんに多い傾向を、エースカウンセラーの水沢さんに聞きました。

悩み抜いた末の決意

ご依頼者さんは、好きで不倫しているわけではないんです。やめられるならやめたい。でも、やめられないから悩んでいるんですね。

不倫期間は数ヶ月〜数年と、ご依頼者さんによって異なります。一人で葛藤して、悩み抜いているのは皆さん共通していますね。不倫関係を割り切っている、ライトな方はいらっしゃいません。

「不倫をやめられるならやめたい」と何回も自分でチャレンジして、それでもやめられないから、別れさせ工作を依頼しているんです。

悩み抜いて「彼じゃないとダメ」という答えが出ているので、「別れられるなら別れたい」とは、もう思っていません。「奥さんと別れてもらって、私と一緒になってほしい」と決意されています。「奥さんに悪いことをしている」という罪悪感などの感情も、すでに乗り越えている方が多いです。

あなたはどっち?2つのタイプ

ご依頼者さんのうち、「奥さんと別れてほしい」という希望を彼にはっきり伝えている人は、約半数です。

もう半数の方は、自分の望みを彼に伝えていません。表面上は割り切った関係のふりをしているんですね。彼に「重い」と思われてしまうのを避けているんです。

この2タイプの違いは、自分の感情を表に出しているか、完全に隠しているか。自分をコントロールできるか、できないかということです。

後者のタイプの方が、いい意味で計算高いんですね。心の中では「奥さんと別れてほしい」という思いが強いのに、きちんと計算をして、それを見せないように演技ができる人です。

しかし、「どちらのタイプの方が別れさせに成功する」というものではありません。自分の気持ちをコントロールできればいいというわけではないんです。

彼のタイプによっては、女性からグイグイ迫られるのが好きな人もいます。女性から精神的に依存してほしいタイプです。一方、「奥さんと別れて」と迫られると重たがる男性もいます。

不倫や恋愛には、傾向やマニュアルというものは存在しません。別れさせ工作は「この通りにやればうまくいく」という簡単なものではないのです。

別れさせに必要なのは「北風と太陽」

一人で悩み抜いているご依頼者さんは、どうしても自分の気持ちと行動が優先になってしまいがちです。自分の気持ちを強引に伝えすぎている人もいれば、不安のあまり本音を伝えられず、うまくいっていない人もいます。

「北風と太陽」のお話にあるように、旅人のコートを脱がせたいなら、無理やり風で吹き飛ばそうとするのではなく、太陽でさんさんと照らすような発想の転換も必要です。

これが、別れさせ工作に最も大切なことなんです。

「これがダメ」「こうすればいい」というよりも、あなたの彼が離婚を望むようにするには、どうすればいいのかという発想です。

ご依頼者さんはグルグルと悩み抜いた末、我慢できなくなったタイミングでご相談くださる方が多いのです。一人で悩み抜く前に、その苦しい状況を、ぜひ私たちへご相談ください。

別れさせ屋アクアの新プランがスタートしました。

ご相談フォーム





ニックネーム(必須)

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性 女性

年齢(必須)
 20代 30代 40代 50代以上

想定依頼内容(必須)
 別れさせたい 別れたい その他

ターゲット人物像/お持ちのターゲットの情報

 写真 氏名 住所 生年月日 携帯電話番号 固定電話番号 車両ナンバー 勤務先

状況・ご希望・経緯(必須)

別れさせ工作であなたの悩みを解決するとOO円!?

別れさせ工作って成功するの?という方へ

不倫の悩み電話相談サービス『ANSWERS』