明日、別れさせ屋に相談しようと思う。

別れさせ屋だからこそ、別れさせ屋にしかできない情報発信をするサイト

明日、別れさせ屋に依頼しようと思う。

明日、別れさせ屋に相談しようと思う。は他では書かない「別れさせ屋」の情報を提供するサイトです。
いま現在も、別れさせ屋に関するサイトはいくつも作られていますが、その内容は別れさせ屋が発信「したい」情報であることがほとんどです。
しかしながら、別れさせ屋に依頼を考えているひとが欲しいのは、別れさせ屋が発信する「別れさせ屋に都合の良い情報」ではないのではないか、と私達は考えました。
そもそもあまりイメージのよくない別れさせ屋業界ですが、私達は別れさせ屋業界をよくしようとまで言うつもりはありません。
ただ、本当に真面目にやっている別れさせ屋もいるんだということを少しでも理解してもらえれば、と思いこのサイトを立ち上げました。

〜自然こそ最強〜アクアの「別れさせ工作」の基本的な考え方

   

Chain with heart

別れさせ屋のアクアグローバルサポートです。

「別れさせ工作ってどんな方法を使うんですか?」

皆さま「別れさせ工作」 にどのうようなイメージを持たれていますでしょうか?
多くの方は、例えばテレビドラマに出てくるような…

「容姿がカッコいい(綺麗な)工作員をターゲットに接触させ、恋愛感情を持たせて別れさせる…」。

といったような劇的なシナリオを想像をしている方は少なくありません。

現に、「別れさせ屋」という名前の響きからも、私たちはテレビの取材を受ける事がございます。
そしてその際も、取材の中で「『劇的な別れさせ工作の話』はありますか?」とドラマチックな話を求められる事もしばしばございます。

確かに、今まで私たちが数々の別れさせ工作を行う中で、
たまたま劇的になってしまった「別れさせ工作」はありました。

しかし、実際の私たちの考え方はむしろ逆。

別れさせ工作は劇的にしない事こそが必要だと思っています。

それは、この仕事を行う上で、
「自然な流れ」を作る事こそが、別れさせ屋としての使命でもあると考えているからです。

一体どういうことでしょうか?
以下では弊社アクアの「別れさせ工作」の基本的な考え方を、対象者が女性・男性の場合に分けて、ご説明したいと思います。

別れさせ工作=対象者との人間関係を構築する事

そもそもですが「別れさせ工作」の本質は、恋愛感情を持たせる事ではありません。工作員に「人として興味を持って貰う」事が何よりも大事なのです。

「興味を持って貰う」というのは言い換えれば、対象者と人間関係を構築する事。人間関係を構築できる事で、対象者のリアルな「人となり」が分かり、シナリオを進めていく事ができるのです。

だから「別れさせ工作=恋愛感情を持たせる」という事は1つの手法でしかなく、
本質はそこにはないと言って良いでしょう。

男性・女性でアプローチ方法はどう違う?

対象者と人間関係を築くに当たっては、もちろん女性・男性でその手法も変わってまいります。
工作員が人間関係を構築するのに都合のいいのは同性か異性か、から考えアプローチ方法を練っていくのです。

以下で女性・男性各々の接触の基本的な考え方を簡単にご紹介していきます。

女性のターゲットの場合

男性の対象者と比べた時、異性に対して警戒心が強いのが女性の特徴です。ですので、どんなに容姿端麗な男性が自然に近づいてきたとしても「別れさせ工作」を疑う事こそありませんが…、深い人間関係を構築する事は簡単ではありません。

ですので女性には女性、同性の工作員を接触させて人間関係を構築する事がほとんどです。

また女性は男性以上に出会うことの「理由」を必要とします。
例え同性だとしても、道端で声をかけられたとして、軽く話す事は出来たとしても…心を開いてもらえる関係性に発展する事はまずありません。

それは今この記事を読めれているあなたが女性だったら分かるはずです。

※別れさせ屋には、どんなケースであっても「道端で声をかける」工作を仕掛けるところもあるようですが、絶対にそんな簡単にうまく行くものではありません!

ですので、「対象者が女性の『別れさせ工作』は警戒心をいかにとくか」が鍵になります。
というのも、女性は警戒心・猜疑心が強い反面、一度心を許した女性工作員には一気に警戒がなくなるからであります。

だからこそ、「共通の何か」や「関係を構築するのに必要な理由」を用意する事が何よりも先に必要とされます。

※もう少しだけ「女性に対しての別れさせ工作」に補足をすると…

同性を近づけて、信頼関係を築いてから異性を接触させるシナリオが多くなります。

また、女性の場合は、別れる要因が「恋愛感情」だけではないのも特徴です。仲良い同性の友人からのアドバイスで大きな決断をすることもあります。だから、必ずしも恋愛感情に持って行くシナリオが全てではありません。

男性のターゲットの場合

女性ほど警戒心が高くないため、社交性が高い男性であれば、いきなり女性を接触させられる場合もあります。

(同性との関係構築をまず行う必要がない分、近道の方法ではあります。)

ですので男性が対象者の場合は、事前調査。「同性・異性どちらに心を許しやすいのか」の分析がカギになってくるのです。

別れさせ工作としての使命

別れさせ工作を20年やってきて思うのですが、
ダメな別れさせ工作は「分かりやすく突然出会う」ようなシナリオを作りがち
という事です。

繰り返しになってしまいますが…大事な事は対象者が男性にしても女性にしても、

「いかにターゲットの日常に馴染んで自然な形で出会えるか」なのです。

自分の場合を考えてみましょう。
周りの仲のいい友人の中に、道端でばったり出会った人はいないのではないでしょうか?
それほどまでに、「偶然の出会いから人間関係」を構築する事は難しいのであります。

しかしながら、イメージからか、ドラマのような出会いを演出するような「別れさせ屋」もこの業界では少なくありません。

他の別れさせ屋で依頼してうちに来る方のほとんどは
「一回は接触できたけど、その後の関係は発展しなかった」というものです

それは、出会い方が不自然だからに他なりません。対象者と関係を築く前に怪しまれているのです。

別れさせ屋は別れさせ工作のプロである前に、人間のプロでないといけません

少し大きな事を言うようですが、別れさせ屋は相手も人間のため、自らが人間のプロでなくてはなりません。

人間を突き詰めることが私たちの使命です。
だからこそ別れさせ工作だけでなく、派生し恋愛相談サービスの「アンサーズ」や「不倫する男性の心理」を紐解く不倫相談塾までをも展開する事ができているのです。

人はどういう時にどんなことを考え、どういう行動をするのか。
人は何に心を動かし、悲しみ、そして決意するのか。

弊社の全員はそんな事をずっと考えています。
そして、そういうことを考えることで人は魅力的になって行くのだと思いますし、
魅力的であらないといけないと思います。

だから皆さんも別れさせ屋に依頼するときは、魅力的な人がその会社にいるのかを見て見てください。
人の心を動かすビジネスだから、人の心を動かせる魅力があると思えないのに、別れさせ工作が成功するわけがないのです。

 - 別れさせ屋が教える別れさせ屋の本音, 別れさせ屋の実情, 別れさせ屋の方法論