明日、別れさせ屋に相談しようと思う。

別れさせ屋だからこそ、別れさせ屋にしかできない情報発信をするサイト

明日、別れさせ屋に依頼しようと思う。

明日、別れさせ屋に相談しようと思う。は他では書かない「別れさせ屋」の情報を提供するサイトです。
いま現在も、別れさせ屋に関するサイトはいくつも作られていますが、その内容は別れさせ屋が発信「したい」情報であることがほとんどです。
しかしながら、別れさせ屋に依頼を考えているひとが欲しいのは、別れさせ屋が発信する「別れさせ屋に都合の良い情報」ではないのではないか、と私達は考えました。
そもそもあまりイメージのよくない別れさせ屋業界ですが、私達は別れさせ屋業界をよくしようとまで言うつもりはありません。
ただ、本当に真面目にやっている別れさせ屋もいるんだということを少しでも理解してもらえれば、と思いこのサイトを立ち上げました。

別れさせ工作元依頼者に聞いた!なんで別れさせ屋を使ったの?

      2018/08/03

女性 後ろ姿

東京・飯田橋で別れさせ屋をしている別れさせ屋アクアです。

別れさせ屋のあれこれをこれまで記事でお伝えしてきましたが、ずばり皆さんが一番気になるのは「実際に別れさせ屋に依頼した人の声」ではないでしょうか。

今回はアクアに別れさせ工作を実際に依頼した方にインタビューを行いました。

・なぜ別れさせ屋を使ったのか

・実際に依頼してみてどうだったか

など、別れさせ工作を依頼した本人にしか語れないリアルな声をお届けします。

実録!別れさせ屋を使った人に聞いたリアルな声

──別れさせ屋に依頼することを考えるに至った経緯を教えてください。

はい、当時私には付き合っていた彼氏がいたんですけど、私が一旦実家に帰ることになったんです。

実家に帰ってからしばらくした頃、彼に会いに行こうと思って彼に連絡を取ったところ、「彼女ができたから無理」と言われちゃって。

私は別れた覚えはなかったので本当に彼女ができたのかどうか直接確かめたくて、「そっちに行く」と言っても「もうお前とは会わない」と返されてしまい、これ以上嫌われるようなことはしたくないと思ったのでそのまま会わずじまいになってしまいました。

でも、やっぱり私は彼のことが好きで。なんとか関係を戻せないかな……と思った時に別れさせ屋に依頼しよう、という考えが頭の中をよぎりました。

──別れさせ屋の存在を元から知っていたんですか?

彼と同棲していた時、別れさせ屋を取り上げている夜中のテレビ番組を見たときに「こういうのもあるんだなぁ」と思って、そこで初めて知りました。

彼とよりを戻したいなと思った時にこの番組の記憶が掘り起こされて、そこから本格的に別れさせ屋のことを調べ始めました。

──いろんな会社に行ってから依頼する会社を決めたんですか?

いや、私はアクアさん一本でした。

なんというか、別れさせ屋に依頼してみようって考えて色々調べはじめたものの、やっぱりなんだか怪しいなぁっていうイメージが払拭しきれなくて。テレビでもあまり良いことは言われてなかったし、お金だけ騙し取るような会社もある、なんてネットで書かれていて……。

「彼氏もいなくなってお金も騙し取られたら最悪だ」「もしかしたらホームページに記載されている以上の金額を要求されるかも」とかいろいろ考えてしまってなかなか相談する勇気が出なかったんです。

でも、このままでは何も変わらない、と思って無料相談の電話を最初にかけた会社がアクアだったんです。

この時は藤木さんが電話口に出られましたね。

実は、藤木さんに電話した後女性専用ダイヤルにもかけました。藤木さんだけでなく、他の人からも同じような視点から回答を得られるのかな、と思ったんです。

そうしたら、藤木さんと同様の回答が他の方からも返ってきました。自分の中にある別れさせ屋へのマイナスイメージが確実に変わり始めるきっかけになりました。

この電話で依頼を決意されたんですか?

この時にはまだ依頼するかどうかは決めませんでした。

ただ、私が夜中に精神状態が不安定になった時、まだ依頼するとも決めていないのに女性専用ダイヤルで相談に乗ってくれた女性に再び電話をかけちゃったんです。

それなのに、ものすごく親身に、何時間も話を聞いてくれたんです。

その後も立て続けに電話をしたんですが、毎回親切に話を聞いてくださって。まだ依頼するとも決めていない私の話にも真剣に向き合ってくれることを知って、お金云々で動く人たちじゃないんだなって心の底から思いました。

しかも、アクアのサイトにも「依頼者のことは家族同然と思って自分たちは接する」と書かれていて、本当にその通りだ!って。(笑)とにかく対応が良かったんです。

その後、藤木さんが鹿児島空港まで来てくれたんですが、お互い顔を知らないので服の色を伝えるために電話をかけたんです。でも、服の色を伝える前に「ピンクの服を着られている方ですよね?」と藤木さんは一瞬で分かったんです。

そういったところでも「この人は本物だ」と感じました。

──ここまで褒めていただけるとなんか恥ずかしいです。ですが、それほどに対応が良かったんですね。

リップサービスとかではなく本当のことなので!!

藤木さんも担当の女性の方も、自分のことのように話を聞いてくださいました。

特に、女性担当者の方は私が泣いたら一緒に泣いてくれたり、喜びを分かち合ってくれました。

藤木さんも鹿児島まで来てくださった時、「今依頼するかどうか決めてもらわなくて結構です」と言ってくれました。私一人のためにかなり手間をかけてもらっているのに依頼を急かすようなことを言わず、私に判断を委ねてくれているのが信頼感に繋がりました。

だから、この二人がいるなら大丈夫だと確信できましたし、ホームページに書かれていることも嘘じゃないな、と思えたので依頼することにしました。

──契約の過程や、実際に依頼した後に「おかしいな」と思ったことはありましたか?

ありませんでした。お二人の真剣な対応で安心感しかなかったです。

一方で、本当に工作で彼が彼女と別れてくれるのかな、という不安はありました。

でも、アクアは調査や工作の途中経過の報告もしっかりしていて、「彼は彼女とこういうことを話していましたよ」とか「相手の彼女はこういう人物ですよ」という細かいところまでちゃんと教えてくださいました。

証拠写真も送りましょうか、と言われたのですが私が相手の女の人を見たくなくて「アクアさんを信用しているのでいらないです」と返したところ、「わかりました、では保管しておきますね」と言ってくれたことも嬉しかったです。

工作中も報告をすぐ電話してくれたり、納得できる対応をしていただけたからこそ今でもこうやってお会いしてお話しすることができるんだな、って思いますね。本当に藤木さんはすごい方です、契約を終えた今でも親切にしてくださっています。

──ズバリ、別れさせ工作はうまくいきましたか?

正直に言うと、結果は思う通りにはなりませんでした。

相手の女の人がなかなか別れてくれなくて……。

でも!依頼して良かったと思えます。

──工作がうまくいかなかったのに、ですか?

アクアは本当に親身になってくれる会社なんですよね。だから、感謝しかないの一言に尽きます。

他にもたくさん依頼者さんがいるはずなのに、担当の女性は依頼してからも変わらず電話をかけると何時間も話を聞いてくれました。

私が電話をかけた時、現場に出てしまっていて女性が電話に出られない時は「すいません、今現場で電話できないんですけど折り返させてもらって良いですか?遅くなっても大丈夫ですか?」と連絡が入って、それで必ず折り返ししてくださって私が落ち着くまで電話してくださいました。

この電話はすごく心の支えになりました。

また、自分が思い描いていた結果にはならなかったんですが、アクアの方がお話ししてくださったことで自分に足りなかったことやマイナス思考の癖に気付くことができました。

電話でも「ポジティブに考えないといけない」、と常々言ってくださったんですが、これは今でも意識しながら生活しています。

なので、結果自体はダメでも確実に自分自身が変わることはできたって思えるんです。

それは、アクアに依頼したからこそだと思っているので、後悔とかは一切ないですね。

──今、悩んでいる人にも別れさせ屋への依頼を勧めたいですか?

依頼するかどうかは、人それぞれ納得できる判断ができればいいと思います。

でも、今すごく悩んでいる方もいると思うんですよ。昔の私がそうだったので。

依頼を考えるにあたって経済面や業界に対する不安がどうしても消えなくて一歩踏み出せない人もいるかもしれないのですが、その点については本当に信頼して大丈夫だからぜひ依頼してみて、と伝えたいです。

社長の藤木さんは絶対に信念がブレない人だと思うんです。だから、安心して頼って欲しいです。

まずは無料の電話相談をかけることで私の言いたいことが実感できると思います。絶対に電話での対応に助けられるというか、自分の中の何かが変わると思うので。

あと、別れさせ屋に頼むなんてなかなか周りの人には言えないから、その分本音でなんでも話せるような会社に依頼すべきです。

一人だと苦しくてたまらないような状況でも、その苦しみを自分のことのように分かってくれる人の存在を感じられるだけで本当に心持ちがぜんぜん違うんです。

とにもかくにも、いろいろ悩んで苦しんでいる時間があるなら、少し勇気を出して電話をかける方が絶対にあなたのためになります。

アクアの場合、自分の気持ちが落ち着くだけではなく、彼の気持ちや状況をプロ視点から分析してくれますし、自分だけじゃ気付けないことを指摘してくれるので視野を広く持つことができるので。

──元依頼者だからこそ話せるリアルな声が聞けて良かったです。ありがとうございます!

こちらこそありがとうございました!

 - 別れさせ屋への依頼