明日、別れさせ屋に相談しようと思う。

別れさせ屋だからこそ、別れさせ屋にしかできない情報発信をするサイト

明日、別れさせ屋に依頼しようと思う。

明日、別れさせ屋に相談しようと思う。は他では書かない「別れさせ屋」の情報を提供するサイトです。
いま現在も、別れさせ屋に関するサイトはいくつも作られていますが、その内容は別れさせ屋が発信「したい」情報であることがほとんどです。
しかしながら、別れさせ屋に依頼を考えているひとが欲しいのは、別れさせ屋が発信する「別れさせ屋に都合の良い情報」ではないのではないか、と私達は考えました。
そもそもあまりイメージのよくない別れさせ屋業界ですが、私達は別れさせ屋業界をよくしようとまで言うつもりはありません。
ただ、本当に真面目にやっている別れさせ屋もいるんだということを少しでも理解してもらえれば、と思いこのサイトを立ち上げました。

抑えられない浮気の嫉妬にどうやって向き合う?

      2018/05/07

0d3b032b71602d7ed6656516b78944a0_s

こんにちは。

東京で別れさせ屋をしています、別れさせ屋アクアです。

春の新生活にも少し慣れて来たころ。周りにいる新しく入って来た後輩に初々しい頃の自分を重ねると同時に、そのまっすぐさや勢いにちょっとした嫉妬心を感じている方も少なくないのではないでしょうか。

ちなみに私は自分が教える立場に変わるあの移行期がなんとも苦手です。

それはさておき、今回は浮気をしている中で芽生えてくる彼(の本命)に対しての嫉妬心との向き合い方についてお話しようと思います。
自分が浮気相手だということをわかっている方に向けた記事になります。

究極的には忘れたほうがいい

最初にハッキリ言っておくと最善の方法は、「相手への嫉妬心を忘れましょう」です。

もちろん、一瞬で忘れられるわけではありません。

一瞬で捨て去ることができるような相手なら、そもそも浮気しませんよね。

でも、これからお話するステップをきちんと辿っていけば、あなたも一歩進める勇気が出るはず!?

浮気相手に生まれる嫉妬心はどこからくる?

そもそも、なぜ嫉妬心を抱くのか少し立ち止まって考えてみましょう。

大前提としてあなたは彼(彼女)に選ばれています。

でも、相手の中の順位はあなたが一番ではない。それなら自分に足りない点はどこだろう。

そんな風に自分のどこに相手が惹かれているのか不安になってしまうのだと思います。

でも。でもですよ、ちょっと待って下さい。

最初にも述べましたが、あなたは既に相手によって「選ばれて」いるのです。

なぜ相手はあなたを選んだのか。

それは、相手が今の本命パートナーに不満を感じているからです。

相手のパートナーに埋められない部分をあなたが充してくれるから一緒にいるのです。

ということは、極端に不安がらなくても、じつのところ既に「棲み分け」はできているのです。

浮気相手以外のなにかに打ち込む

それなら、相手はあなたに何を求めているのか。相手のことを観察して、相手がどんなことに喜ぶのか、楽しいと思うのかを知りましょう。

分析した結果をもとに、あなたの良いところを伸ばしていきましょう。

友達や信頼できる相手に話を聞いてもらって、自分でも気づかなかった良いところに気づくのも一つの手です。

そして、なにか新しいことを始めましょう。

心から打ち込めて相手のことなんて頭の片隅からもなくなってしまうくらい、のめり込めることができるとよいです。

そのあなたが始める新しいことが相手の趣味ならさらに良いですね。

例えば、相手の趣味がマラソンだとか、ボルダリングだとか、スカッシュだとか、そういうスポーツ系だったとしましょう。

いまの本命は相手の趣味を全く応援していません。

あなたは運動がしんどいと思っています(運動が好きならなおさらやってみていいでしょう)。

最初に始めるときは少し気後れしがちですが、思い切って始めてみましょう。

本命がまったく興味のないところですから、さらに「棲み分け」できますよね。

まずは参加しなくても、応援や見学だけでもいいのです。

そのうち興味が湧いて来て、相手と一緒に楽しく参加しているということもありえると思いませんか?

これは理想のパターンですが、なんでもいいからのめり込めるものを探してやってみるとよいです。

最初からハマることはないかもしれませんが、なにか始めてみると意外にあなたにフィットした打ち込めるモノが見つかるかもしれません。

相手に誘われたとしても、打ち込んでいることがあると言って断ることができるくらいになれば、あなたは嫉妬心で心が埋め尽くされることはなくなっていますよ。

嫉妬に使っているエネルギーを自分のアップデートに使う

ここまで読んでいて、「そんなことができたら困ってないよ!」と叫んだそこのあなた!

いまがチャンスです。

通販番組みたいになってきましたが、「そんなことできない、相手のことしか考えられない」と思ったあなたにはいまがチャンスなんです。

なにがチャンスかというと、いまあなたが嫉妬をすることにエネルギーを使っていることです。

嫉妬するほどに相手を思うエネルギーをあなたは持っています。

いま、嫉妬で相手や相手の本命に向けているエネルギーを、自分のアップデートのために使うようにできれば素敵だと思いませんか?

「そんなことができない」と断言できたあなたには、充分新しいことを始められるだけのエネルギー資源があるということです。

まずは冷静に分析して、エネルギーが自分にあると思って、新しいこと(べつにスポーツでも、文化系でも、アウトドアでもなんでもいいのです)を始めることです。

最初から強い人はいない

エネルギーの使い方を変えろ、相手のことを頭から追い出してしまえ、と言われても多くの人は

「思っているけど、できない」

という経験します。

それは仕方のないことです。

「最初から強い人はいない」のです。

ときには人の助けを借りて相談しながら、少しずつ自分のためになる方向を目指していきましょう!

ここで弊社のサポートというサービスが……、なんて言い始めたら本当に通販っぽいのでやめますが、信頼できて相談できる相手にまず話してみてください。

そして、なにかを始めてみましょう。

そこから「強くて素敵なひと」を目指しましょう。

まとめ

本日のお話をさいごに少しまとめておきますね。

①彼があなたに求めている事を冷静に分析する

②自分に出来そうな事から始めてみる

③それに熱中できるようになる

④気づいてみると嫉妬しなくなってきたな

という状態になれば、あなたの恋愛もうまくいくはず。


 

さて、いかがだったでしょうか。

今回は嫉妬心と向き合う方法についてでした。

冒頭で触れた新生活への適応も、自分を変える必要があることは頭では分かっているけど、実際やるとなるとどうしても腰が重かったり、不安な気持ちに襲われたりするんですよね。

春はいろいろ動くもの。恋愛だけに限らず、お互い頑張っていきましょう!

 - 別れさせ屋の浮気実感 , ,