別れさせ屋の実例を方法論つきで解説します。ケース2:取り戻す

2017年9月28日

こんにちは、東京で別れさせ屋をしています、別れさせ屋アクアです。

前回に引き続いて実際の別れさせ屋工作ケースをご紹介したいと思います。

今回もまずは軽くケースのエッセンスからご紹介しましょう。

時間がないかたはこのページで、時間がある方は、詳しいケースを、別れさせ屋の方法論ページの最後の方に記載しています。

依頼者さんについて

依頼者さんは20代前半の女性。
接客担当。元カレは上司(異動済)。現在は元上司と部下、という関係。

元カレについて

元カレはアラサーの男性。店長。

現在の彼女とうまくいっているとは言えない状況です。

元カレの現在の彼女

30代中ごろの女性です。こちらの彼女が本命です。

元カレと同じ店舗に配属されてはいるのですが、ほとんど業務で関わることはありません。

依頼経緯

そもそも依頼者さんは浮気相手。元カレは本命彼女と2年同棲していました。
別れてからも定期的に連絡はとれる状態にあった依頼者さんが、「そろそろ結婚する」という話を元カレから聞いたところから依頼に至りました。

時間がない! 回数もない!

まず本件の重要なポイントとして、結婚する前に、という制約がありました。

事前調査をしている余裕がない

別れさせ工作を行う上で、事前調査は極めて大切な過程です。
決してオススメしないやり方でしたが、2ヶ月前まで付き合っていていまも定期的に連絡をとっていること、サービス業で店舗に行けばほぼ確実に会えることを考慮して、いきなり接触から開始しました。

お客さんになる

男女の工作員がカップルを演じて接触しました。
元カレに接客をしてもらい、彼女役の工作員が席を外しているうちに、サプライズでプレゼントをしたい旨をターゲットである元カレに伝えて、この日の最初の接触を終えました。

接触と同時に行動把握

仕事終わりによくいくお店が分かり、行動パターンの一部が把握できました。
2度目はそこでの接触を狙いました。
だいたいの帰宅時間はわかっていたため、そこに男性工作員を向かわせます。
3回目に資料を持ってきてもらう約束。

ターゲットに頼んで連絡先を交換してもらう

3回目は彼女役の工作員も同席です。
ここで男性工作員がターゲットに彼女役の工作員が欲しがっている商品をリサーチしてもらうために、なんとか連絡先を交換してもらえないかとお願いしました。

恋愛相談をしよう

恋愛相談をしながら、欲しいものを探りながら、徐々に連絡を繰り返していきます。

ターゲットも自分の恋愛について徐々に話すようになります。

ターゲットは浮気のことも女性工作員に相談し、依頼者さんのことが好きなんだけど、いまの本命彼女を捨てられない、と相談します。

 

依頼者さんも一緒に食事をして

ターゲットは本命彼女と別れることはしませんでしたが、同棲は解消しました。
その後、本命彼女とは1ヶ月で別れるという話を依頼者さんとして、本当に1ヶ月後にターゲットと本命彼女はキレイに別れました。

このケースの詳細を、別れさせ屋の方法論ページの最後の方に記載しています。

エッセンスで概要を掴んだら、もうすこし詳しくチェックしてみてください。

ご相談フォーム





ニックネーム(必須)

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性 女性

年齢(必須)
 20代 30代 40代 50代以上

想定依頼内容(必須)
 別れさせたい 別れたい その他

ターゲット人物像/お持ちのターゲットの情報

 写真 氏名 住所 生年月日 携帯電話番号 固定電話番号 車両ナンバー 勤務先

状況・ご希望・経緯(必須)

別れさせ工作の新料金プランが登場!

別れさせ工作であなたの悩みを解決するとOO円!?

別れさせ工作って成功するの?という方へ

有料不倫相談サービス『ANSWERS』