工作員ミズサワ/もし別れさせ屋に依頼するとしたら

2017年4月10日

こんにちは。東京で別れさせ屋をしています、別れさせ屋アクアです。

いつもは不倫や浮気に焦点をあてた記事を中心にお送りしておりますが、本日はすこし変わった内容をお届けします。

実際に別れさせ工作を行う別れさせ屋アクアのスタッフにインタビューをしてみました。

第1弾は工作員ミズサワ。

実際に工作員に「別れさせ屋に依頼しようって思う? もし依頼する業者を選ぶなら、どの点を重視するの?」といった、誰もが気になる疑問をぶつけてみました。

別れさせ屋に依頼する? 依頼する時、別れさせ屋選びのポイントは?

~工作員ミズサワの場合~

──ミズサワさん自身が、「別れさせ屋に依頼しよう」と思う状況になるとしたら、どういうときでしょう?

じつは実際、過去にそういう状況ありました。

今から十数年前かな……そのとき既婚男性と不倫していたんです。

どうにかならないかなぁ、なんてぼんやりと考えていました。

ただ、その当時は「別れさせ屋」の存在は知らなくて。

「自分でどうにかしたい!」と思って、相手の奥さんにトラップボーイを仕掛けたいなんて考えたりもしたんです。

友達のイケメンに頼んだらどうにかならないかな、みたいな感じですね(笑)

でも、工作がバレたら「イタい人」になっちゃうし、結局行動に移せなかったですけど。

──となると、もしその当時「別れさせ屋」の存在を知っていたら、依頼していたと思いますか?

私自身が別れさせ屋ってこともあると思うんですけど、知ってたらたぶん依頼していたと思う。

不倫していた当時、彼を追い詰めるような言動を取っちゃって、最終的には彼に逃げられちゃったんです。

これって、いま考えると彼と奥さんを別れさせたくて、「自分でなんとかしよう!」って思って取った行動が裏目に出ちゃった結果なんですよね。

自分が別れさせ屋の工作員という立場になって言えるのは、別れさせ屋に依頼するっていうのもひとつの選択肢として考えてみて欲しいってことですかね。

自分でどうにかするしかないんだ、って思い込んで、昔の私みたいに彼との関係を自ら壊さないで欲しいと思います。

──では、ミズサワさんが別れさせ屋に依頼するとしたら、何を重視しますか?

不倫していたその当時にもし別れさせ屋を知っていて、依頼しようって考えていたとしたら……やっぱりそれは金額の安いところに依頼してたかもしれないですね。

若いときはどうしても金銭的余裕がなかったですから。

でも、いま依頼しようって考えたら、安さだけでは選べないかな。

工作っていうのはひとの心を動かす、すごくデリケートなものだと思うんです。

これはまったく経験がなければまずできないことです。

自然な工作をするためには、たくさんの人が動いてようやく成立するわけで。

そして、そこには人件費がかかってくるんですよね。

若い時はそれがピンと思い浮かばなかったけど、社会経験を積んだら当然なんですよね。

誰かに動いてもらえば、どうしてもお金はかかるし。

実情をすべて知っているわけではないですけど、あまりに安いところは本来費用がかかるはずのなんらかの要素を削っていると思うんです。

人数や時間を節約しないと安さをウリにはできるほどは安くならないと思います。

本来必要なところに費用がかけられないと、工作がうまく遂行できないということが起こりえます。

でも、だからといってむやみに高額な値段設定をしているだけのところもダメですけどね。

大事なのは、依頼しようと思っている別れさせ屋に話を聞きに行ったとき「なぜその値段設定なのか?」と踏み込んだら、ちゃんと納得できる説明をしてくれるかどうかってことだと思います。

説明が不明瞭だったり、言葉に詰まったりする業者はあまり良くないところでしょうね。これは高くても安くてもそうです。

実際にいくつかの業者から話を聞いて、そこからふるいにかけていって、依頼する業者を決めるのが良いんじゃないかと思います。

──なるほど。単刀直入にお聞きしますが、それらの点を踏まえたときに、ミズサワさんは別れさせ屋アクアに依頼したい、と思えますか?

ここでこういうことを言うと、宣伝かよ、って思われるかもしれないんですけど(笑)

でもそれを含めてでも言います。絶対に頼みます。

別れさせプランを実行する工作員として、なんと言ったらいいんでしょうか、「本当に別れちゃったよ!」なんていう成功事例を何度も見てきています。

あ、本当に別れるんだ、って自分が別れさせ工作しているのにひとごとみたいなんですけど、本当に思うことがあるんです。

もちろん、これは私がいまアクアにいるからなんですけど、スタッフ全員が真摯に案件に取り組んでいることも知っています。

ここまでひとつひとつの案件に対して真面目に考えてくれるところって、なかなかないんじゃないかなぁ。

自分が直接の担当者ではない依頼についても、電話を受けたり、面談をしたりした依頼者さんのことだったりすると、オフィスでその案件の担当者と顔をあわせたときについ進捗を聞いてしまいます。

依頼してから別れさせるという結果が出るまでは長いし苦労もたくさんあると思います。

依頼しなかったら別れさせられないかもしれないですし、どんな状況でも、動けば変わることはありえます。

どんな手を使ってでも別れて欲しい! と思ったとき、選択肢のひとつとして別れさせ屋アクアを検討して欲しいですね。

私もいまそういう場面になったらアクアに依頼します。社割りで(笑)

別れさせ屋アクアの新プランがスタートしました。

ご相談フォーム





ニックネーム(必須)

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性 女性

年齢(必須)
 20代 30代 40代 50代以上

想定依頼内容(必須)
 別れさせたい 別れたい その他

ターゲット人物像/お持ちのターゲットの情報

 写真 氏名 住所 生年月日 携帯電話番号 固定電話番号 車両ナンバー 勤務先

状況・ご希望・経緯(必須)

別れさせ工作であなたの悩みを解決するとOO円!?

別れさせ工作って成功するの?という方へ

有料不倫相談サービス『ANSWERS』